足利〜佐野:美食の旅

今日は、お盆に帰省出来なかったので、お墓参りにでも行こうと思い

湾岸高速から首都高をぬけて東北道へ...

娘は小学校4年生まで過ごした栃木県小山市で友達とお約束。

我々夫婦は、小山まで運転手です。

娘を降ろし、髪の毛を切って、「いざ足利へ!」

ここからはママさんと二人でドライブです。


お昼は何を食べるか?


と言う話になり、迷わず「佐野ラーメン」を選択。


佐野ラーメンと言えば...

以前このブログでも紹介した万里です。


久々に行って来ました!

お昼も14時を過ぎていましたが、混んでる混んでる。

相変わらずでした。

隣に回転寿司が出来ていたので、ちょっとビックリ。


車を止めて列の一番後ろにならび、待つこと30分。

ようやく、席につき食する事が出来ました。

佐野ラーメン:万里


迷わず、「チャーシュー」です。

ママさんはネギを食べてました。

外で待っていた時、後から列に並んだ家族がウチの車を見て、

「横浜から来てる!!どんだけ〜ぇ!!」

って言ってました。(笑)


久々の味と食感...に満足した後、おばーちゃんのところへ...

今日は、ここまででタイムアップ!


訳ありでお墓参りと実家に寄ることが出来なかった。

また来週にしよう!

と、ママさんと話し合い、帰途に着く事に...


しかし、これだけでは終わらなかった。


俺たちが中学生の頃、足利で「丸満餃子」と言えば知らない人は

いなかった!

いや、少なくても俺は知っていた。

気がついたら、「丸金餃子」に店の名前が変わっていたのだが、

店のおっちゃんは昔のまま。



何でここまで来て、実家に寄らないんだ!!


と、思いつつも、訳ありだから仕方ない。

生餃子と冷凍餃子を買って、東北道へ...


途中、渋滞もあったが、無事に3時間と少しで、家に到着。

待ち構えていた、倅とその仲間たちに

丸金餃子を振る舞いました。

丸金餃子

千葉の方では、ホワイト餃子と言うらしい。

茨城県古河市にも「丸満餃子」ってありますよね。


さておき、小山に置いてきた娘も、先ほど22時過ぎに帰宅。

俺が焼いた丸金餃子をうまそうに頬張っていた。


そして、今日は倅とその仲間たちは我が家に宿泊。


そう、突然決まったこの宿泊こそ、「訳ありの訳」なのだ。


まだ盛り上がっている。

今日は眠れるのだろうか...


明日は仕事だが...


んんん〜っ、ビミョウ!!
| 戯れ言 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ミッション・インポッシブル!!

IMF


国際通貨基金


ではありません。


Impossible Mission Force


そう、映画「MISSION IMPOSSIBLE」の中でトム・クルーズが演じる

イーサン・ハントが所属する米国機関だ。


俺の身近に、IMF職員も真っ青のOLが居た!

アンジョリーナ・ジョーリーもビックリする程の逸話を持っている彼女が最近やってのけたインポッシブルミッションは想像を絶する。


それは、ある日の出来事。

彼女が所属する大企業。今、東京で一番おしゃれなスポットとして

連日TVでも紹介されるビルにオフィスを構えている。


彼女はBIGな仕事に従事しており、連日夜中過ぎまで仕事に追われていた。

その日も、彼女が気付くと夜中の2時。

オフィスの中には彼女ともう一人の男しかいない...

男が彼女に言う。

「遅くまで大変ですね。まだがんばりますか?」

彼女は一旦家に帰り、シャワーを浴び、仮眠をしてから早めに出社して

仕事を片付けようと、その時決めた。

「んんっ、もう帰る。」

そう言って、帰り支度を始めた。

いつもは首からしっかりかけているIDカード。

このおしゃれなビルはガチガチのセキュリティーで固められている。

今日の彼女はいつもと違った。

そのIDカードを首から取り、机の上に置いて帰り支度を始めてしまったのだ...

バックを持ち、最後の一人となった男に力を振り絞って言う。

「無理しないでがんばってね。」

彼女の優しさが現れた言葉だった。

しかし、その時彼女は、大切なIDカードを机の上に置きっぱなしで

ある事など、知るよしもなかった。


エレベータの中では、明日の朝、何から手を着けようか等を考えていたが、

高速エレベータは彼女の頭の中を整理させる時間を彼女に与えなかった。

あっと言う間にロビー階に到着し、タクシーの存在を確かめる為、

エントランス付近に目をやった。

あまりの広さにエレベータホールから外はハッキリとは見えない。

急ぎ足でゲートまで行く!


彼女の右手が胸の辺りを行ったり来たり。

そしてまた、行ったり来たり...

ここで彼女は、IDカードを忘れて出てきた事に気がついたのだ。


そう、このビルはIDカードが無いとゲートを通ることが出来ない。

そうかと言って、エレベータにも乗れないのだ。

仕組みは簡単、カード無しでロビー階を押す事は出来るが、それ以外の階は、

その階への出入りが許されたIDカードをかざさない限り、

行き先階としてボタンを押すことが出来ないのだ。


彼女は進退を絶たれてしまった。

しかし、彼女は冷静だった。

焦っても仕方ない。

警備員が巡回してくるのを待とう!

そう決めて、エレベータの脇に腰を落した。


腰を落してから30分。誰も来る気配がない。

ここ数日の疲れもあって睡魔が襲ってきた。

布団が恋しい。化粧も落したい。

「あ〜、神様。私はどうしたら良いのですか?」


そして彼女は空を見上げた。

が、しかし、ここはビルの中。空など見える訳もなく。

彼女の目には高い天井が見えた。


そして彼女はゆっくり目線を元に戻した。

その時!彼女に目に飛び込んできたものは...

ゲートと壁の間にある若干の隙間。

180センチくらいの塀になっている。


「そこしかない!!」


彼女は、その塀の前まで進んだ。

彼女は、とっさに考えた。これだけセキュリティが厳しいビルだ。

もしかしたら、赤外線のトラップがあるかもしれない...

彼女は壁を見た。どこからも赤外線ビームが照射されていそうなところはない。

「映画の見すぎね。」


そう思いながら、身長150数センチの彼女は、180センチもある塀を上り始めた。

見事な身体能力。自分でもビックリするほどうまくいった。

この時、彼女が「チャーリズエンジェル」より自分の方が凄い!

と思ったかどうかは定かではない。


そして、素早くタクシーを拾い。

帰途についた。


翌朝、数時間前のインポッシブルミッションを遂行した後始末をしなければいけなかった。

そう、ちゃっかり外に出てしまったが、中に入るには当たり前のようにIDカードが必要だからだ。

面倒な、面倒な、本当に面倒な手続きを終わらせ自分の机に来ると

その上には、自分のIDカードが「ポツンッ」っと置いてあった。

少しカードに憎しみを感じつつ、首からさげ、胸のところでしっかり

右手でつかみ、「もう二度と放さない」事を誓った。



しかし、これだけ警備が厳重な建物。

いたるところには監視カメラが...

塀を乗り越える彼女の姿をカメラが捕らえていたか否かは誰も知らない...



※この物語は、若干の脚色が入っていますが、事実に沿って書かれています。
| 戯れ言 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

トレーニングシューズ

とうとう買った!!

トレシュ

アディダスのトレシュ。


会社のチームで月1のフットサル参加の為に購入したが、

月1の出番ではかわいそうなので、最近は休みの日の

お出かけ様に愛用している。


この前、倅のチームが県大会に参加するのに「車出し」をし、

当然、このトレシュを履いて行った。


一緒に応援に行ったおかあさん達から、

「あれ?サッカーやってた人だっけ?」

って...


いえ、僕は「野球をやっていた人」です。

でも、野球のスパイク履いて出かける訳には行かないし...

「これはファッションです!!」

と言いたいところだが、あえてそれは言わず、話を

逸らした。


でも、自分の中ではマジメに「ファッション」だと思っている。


| 戯れ言 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人生の転機


誰にでも


「人生の転機」


は訪れる。

その形は様々。

直接訪れる場合。間接的に訪れる場合。


ライフカードのCFで、

「どうすんのよ!オレ!」

なんてのは典型的な直接転機が訪れる例だと思うけど、


多くの場合は、間接的に訪れるものなのではないだろうか?


そして、その転機に気付くか否かが大きな鍵なのではないだろうか?



今、自分がこうしてあるのは、今までに何度か転機を上手く捉まえる

事ができたからだと思う。


人生って本当に不思議だ。


今から6年前、必死で転職活動をしていた。

初めての転職活動。


不安は的中した。

年齢も年齢だったし、経験にも偏りがあった。


自分でもただ漠然と

「IT業界で働きたい!!」

というだけの思い。

「営業には自信があります!!」

って言ったって... ネぇ〜っ。


それから何年か経って、自分が面接をする側になった。

そのときの自分を今の自分は面接官としてどう評価するだろうか?


あまかったな!



本気でそう思う。


でも、その時があったからこそ今がある訳で、

決してマイナスではないのだ。


だからあの時、中途半端だったかもしれないけど、

がんばって転職活動をした事で今の自分があるのだ。


あのまま転職せずに前の会社にしがみついていたら

今頃どうなっていただろう?


それは誰にもわからない。


もしかしたら、役員とかになっていたかもしれない。


でも今の自分はない。


やはり、


転機をどうとらまえて、どう自分のものにするか。


気付かずそのまま生活するも良し、

流れを捉まえて、新たな生き方を見つけるも良し。




自分は、保守的にはならず、ポジティブに生きていきたいと思う。


| 戯れ言 | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ノロウイルス

最近のお騒がせですね。



昨日、我が家での倅とママさんの会話。



倅:「ねぇ、ねぇ、今年はヤバイぞ!」


ママさん:「どうしたの?」


倅:「サンタさんが来ないかも!」


ママさん:「なんで?」(たいへん興味深そうに...)


倅:「あのね、サンタさん、ノロウイルスで大変らしいヨ!」


倅以外の家族一同:「はぁ?」


倅:「ゲロゲロでね。動けないらしい...」(まじめに言ってます)


ママさん「そうなんだぁ!」「じゃ、今年はプレゼントないかもね!」


倅:「そうだね。」





なんかビミョウ!


これが幼稚園生と母親の会話ならかわいいのだが...

我が家の倅はすでに小学5年生...


どうしたものか?


サッカーだけやっていれば良いと言う問題ではなくなってきた。



そんな親の悩みを察知したのか、娘が一言。



「今、塾で紹介キャンペーンやっているんだぁ!」


「塾行行かせた方が良いんじゃない?」



しかし、本人にその気がなければ...



ビミョウだなぁ...

| 戯れ言 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

またまたゲーセンです。

またまた行ってしまいました。


週末のゲーセン。


と言っても、スーパーとか大型電気店と併設の

子供たち向けゲーセンです。


今日の軍資金は4,300円。


やっちまった... トホホ...


それで戦利品はこちら ↓



ストレス解消のつもりが、かえってストレスの溜まる

休日でした。
| 戯れ言 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

今更ジダンの頭突き事件

今日は日曜日。


倅と娘が爆笑している。


何だ?



パソコンをのぞいてみると、そこには


尊敬するジダンが...


なんと!頭突きをしながら動き回っているではないですか!



よ〜く見ると、それはゲーム!



こんなのあったんだ!


http://farm.addictinggames.com/D78AQSAKQLQWI9/2942.swf


って感じです。


ワールドカップ終了直後では笑えなかったと思うけど、

今なら笑えるかも...です。




| 戯れ言 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

フラダンス

我が家のママさん


急に



フラダンス



を始めました。




この前まで


フラメンコダンサー



やってるな!

と思っていたら、今度はフラダンスだって...(爆)(爆)




ほんとにびっくりです。




なんでも発表会とやらがあるそうで....


恥ずかしくないのかなぁ〜?


こっちが恥ずかしい。



そして、自分の衣装を自分でつくっています。





久々に見ました。


我が家のミシン



グリーンの生地で


せっせせっせ


とつくっているみたい。




俺がPCを出しっぱなしにするとうるさいのに

自分は平気で出しっぱなしにしている...



ん〜、思いは複雑だぁ!


| 戯れ言 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ゲーセン

なんだか懐かしいヒビキだ!!


最近、子供たちが大きくなったせいか

よく行く。


我々夫婦は


全く


ゲームをやらない。


だからプレステなんか我が家にはあろうハズもない。



子供たちに遺伝したのだろうか?


倅はゲームキューブ、娘はDSをたしなむ程度だ。



ちょうど良いと思う。



だから、ゲーセンに行ってもやるゲームがない。



いつも、コインゲームとお菓子を落とすヤツしかしない。



最近はもっぱら


お菓子を落とすヤツ



前にも書いたかな?



それで、この前の日曜日の成果がこれ!!





倅がきれいに並べてくれました。






これらを取る為の軍資金...


2,500円



子供たちと過ごした時間...



Priceress



| 戯れ言 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ソフトバンクモバイル

昨日、ソフトバンクショップに行ってきた。


比較的、SB社にも旧vodafoneにも今や再びグループとなった

テレコムにも縁があったりして良い印象とかイメージしか持っていない。


だから世の中がdocomo優勢になろうともau優勢になろうとも

家族4人しっかりJ-phone時代から利用している。


今回のナンバーポータビリティーも我が家にとっては

全く無縁の制度と思っていた。


ましてや、何ヶ月か前、SBM社がなんともうれしいリリースを

してくれた。


それは、APPLE社と提携し、近い将来携帯端末でPodcastingが

可能になると言うもの...


これには、びっくりしたと同時に


vodafone(当時)を使っていて良かった!!


と感じた瞬間だった。


だからこそ、なおさらナンバーポータビリティーなど関係の

ない話にしか思っていなかった。


新聞やニュースで、


「予想外広告」


の是非(?)について論じられているが、これもまた


我が家には関係のない


話だと思っていた。


必要に迫られ、我が家の子供たちに携帯を持たせて2年。


娘は、日ごろから機種変更したい旨、訴えていた。

倅もいっしょ。


だがそこは、中学生と小学生の差かな。


思い入れは、娘は強く、倅は弱い。


結局、二人と賭けをした。(にんじんぶら下げ戦法)


倅の思いは弱いし、所詮、学業での賭けは無謀であったか、

まるで賭けなどはじめから無かったかのような態度と結果。


ところが、娘はがんばった。


まさに


予想外の成績


うれしすぎる誤算だ!!(おこられそう!)



そんな訳で、機種変をしにSBショップへ行った訳だが、

最初からつまずいた。


娘も嫁さんも


「○○(近所のスーパー)は、機種変も0円って書いてあったよ!!」


と声をそろえた。


そこで、その○○へ



街によくある携帯ショップ屋さん



docomoもauもSBMも売っている。

ディスプレイのほとんどはau。

店員さんはdocomoのジャンバーを着ている。



そんな感じです。


やはり、システム障害を起こして世の中のみなさんに

ご迷惑をかけているせいか、心なしかSBMは端の方へ

追いやられているような感じです。



ディスプを見て、


びっくり


割賦売りとは聞いていましたが、

まさか、機種変までもが割賦なんです。


なんとなく、世間が騒いでいる事が飲み込めた様な気がした

瞬間でした。


簡単に内容を娘と嫁さんに説明し、割賦じゃなく普通に買ったら

いくらなのか、


docomoのジャンパーを着たおねいさん


に聞いてごらん!!


と、指示。


娘は、自分の狙っている機種名を告げておねいさん


質問をし始めました。



その対応にびっくり!!



 1. 今は機種変は受け付けられない。

 2. SBMから割賦売り以外はするなと指示を受けている

 3. 2年間の割賦なので、その間は新たな機種変は出来ない



等々...


その態度からも、


なんでSBMなの?

こっちはエライ迷惑してるんだからサ


みたいな感じが受け取れました。



訳もわからず、肩を落とす娘にそっと...



「ここでは話にならないからショップに行こう!」


と告げ、そのスーパーを後にしました。



車の中で、よく意味を理解できていない2人に、

おねいさんが言っていた事の説明と

自分がその説明で腑に落ちない点を伝え、少し怒る気持ちを抑えながら

はじめてSBMが報道されている


わかり難さ



に共感し、これなら


「客が離れても仕方ないな!」


と思ってしまいました。



もし、

docomoのジャンパーを着たおねいさん

が言っていることがすべて本当だとしたら、違約金払ってでも

auかなぁ〜?

なんて話もしていました。



そして、SBMショップへ到着。


夕方6時を過ぎていた事と、ほとんどの手続きが出来ない事から


ガラガラ


の状態で、すぐに女性の担当者が対応してくれました。


すごくわかりやすく説明してくれましたが、誤解が解けた反面、

やはり、その


わかり難さ



には、少し不満が残りました。


結論的には、

docomoのジャンパーを着たおねいさん

が言っていた次の事項のうち


 1. 今は機種変は受け付けられない。

 2. SBMから割賦売り以外はするなと指示を受けている

 3. 2年間の割賦なので、その間は新たな機種変は出来ない


1.だけはホント!!


2.3.はウソでした。


でも、3.に関しては、やはりわかりにくいです。




そんなこんなで、充分とは言えないまでも、ある程度は

納得してSBショップを出ました。



一番かわいそうなのは、娘でして...



娘には、来週再度このSBショップに来て、

新たに出ると言う「新契約形態」で機種変しよう!!

と話し、理解してもらいました。



それにしても、なんであんな



難解な契約システム



にしたのか、凡人の自分には理解が出来ません。


SBMの方々、もう少しやわらかく考えられたら如何でしょうか?



そこで労力を使わず、電波の状態を良くする事に

エネルギーを使ってほしいものです....



| 戯れ言 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM