<< マリノス ホーム最終戦 | main | 幻のトライアングル The POLICE in 東京ドーム >>

あけおめ!ことよろ!

新年明けましておめでとうございます。

m(_ _)m


さて、新年一発目の投稿は、昨年の暮れ、永ちゃんの

武道館ライブへ行った時の話です。

な〜んちゃって隠れ永ちゃんファン歴27年。

とうとう、「生」永ちゃんを見てきました。



実は、会社の同僚で家も近所のYさんに誘われての

初「生」永ちゃんでした。

こちらの意思も確認せず、チケットを購入後に

「買ってあるから行こうぜぇ!」

って、チケット見せられ、断る事も出来ず、半ば強引に

行く事になったのが、10月の半ばくらい。


仕事の忙しさを手伝って、「あっ!」っと言う間に当日に。

仕事を片付けて、聖地「日本武道館」に到着すると、

そこには、テレビでは良く見る集団。


白いダブルのスーツに、はだしでズック。

オールバックで肩には「E.YAZAWA」のロゴ入りタオルを

掛けた人たちの集団。


ある意味、「怖い」。

でも、何か同じ目的の人たちが集まっているので、暖かい

感じもした。特に「矢沢永吉」と言う人を崇拝し、憧れて

そこに集まってきている人達。

しかも、武道館でのライブは通算102回目だと言う。

そんなアーティストどこに居るんだろう?

きっと、ここまで人を熱くして、憧れさせて、喜ばせて...

そんなアーティストは「矢沢永吉」をおいて他にはいないな。


俺が「矢沢永吉」を好きになったのは、中学2年生の時、

友達のお兄ちゃんがいわゆるその当時の「ツッパリ」だった。

彼の家に行くと、永ちゃんとかCOOLSのポスターが貼られ、

レコードが置いてあった。

もちろん、ステレオからは永ちゃんのボーカルがガンガンに

奏でられていた。


自分自身は「ツッパリ」ではなく、むしろどこにでもいる

いたって真面目な中学生だったから、そんな友達のお兄ちゃんを

見て、ちょっとだけ「かっこいいなぁ!」と思っていた。


そんな思春期、テレビを見ているとマクセルのカセットテープの

コマーシャルが...

その当時、今と違い、CDなんか無いから、友達が買ったレコード

をカセットテープに録音して、そのテープを「磨り減るまで聴く」

って言うのが、定番だった。

だから、みんなそれぞれ、カセットテープには「拘り」があった。
(と思う。少なくても、俺はあった。)

そして、俺は、初めて買ったカセットテープが「マクセル」

だったこともあり、ず〜っと「マクセル」を使っていた。

そのマクセルのコマーシャルから流れてくる、切なくて、

そして、凄く耳に突き刺さるフレーズ。


調べてみたら、それが永ちゃんの新曲だった。

さっそく、2000円か2500円だったか?を握りしめてレコード店へ...

どこを見つけても、その曲は見付からなかった。

店員さんに聞くと、発売は1ヶ月先(たしか8月とか9月だったような)

との事。仕方なく、生まれて初めてレコードを予約した。


それから、な〜んちゃって隠れ永ちゃんファンとしての歴史が

始まった。


そして、この27年間、(これまた他の友達の影響で)バンドを

やっていた事もあり、イギリス系の音楽を聴く事がメインになって

しまった事もあり、なかなか「本物」の永ちゃんファンになりきれず

にいた俺は、ライブに行く機会もなく、この歳を迎えた。


まぁ、話が長くなったので止めるけど、何が言いたいかと言うと、


つまり、


永ちゃん最高!!


って事です。

1曲目の「寂しくてたまらない」から始まり、最後は100回公演達成を

記念してNOBODYの二人がゲスト出演してくれました。

そして、昔の曲が多かったので、とても満足する事が出来ました。


また今年も行きたい!! かな?
| お父さんの日記 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM